#麺屋二郎 Presents ラーメン学校みらトビの安間です。

世界規模でコロナの影響が広がっていて

本当の見えない迷路に迷い込んでいる現場ですね。

 

そんな中、色んな経営者様と話をしているんですが

この先、どうするか?

 

本当に判断に迷うところではありますね。

 

ただ、一つ感じた事があるんです。

それは

『今を見て動くのか?先を見越して動くのか?』

ってすごく大事だなと私は感じました。

今、出来る事ももちろん大事なんですが

それを、コロナ問題が落ち着いた後もどう繋がるような

行動を起こせるか?というのが

もっと会社の未来を切り開く為のきっかけにしたいなと

私は思ったんです。

飲食店にしても、他の業種にしても、この問題で

廃業を決断する方もいらっしゃいます。

 

本当に苦渋の決断だと思います。

飲食店ではテイクアウトをするか、休業するのか?

などなど色んな考えを元に決断しています。

 

私はこの問題について事態が大きくなり始める3月上旬に

国金の融資制度の情報をGetした時に、

瞬間でこのピンチをチャンスに変える為の

攻めの一手にしようと決断しました。

 

それは何かというと、

『新店舗を作る』でした。

何となくなんですけど、経営も人生も

将棋みたいなもんだなと思ってるんです。

時には攻めたり、守ったり

今、自分には飛車、角の飛び道具があるのか?

ないのか?

防御に金銀は何個あるのか?

なんて事を自分が王だとして将棋に例えて

真俯瞰して自分で自分を操作しているように意識して

常に考えています。

 

そんな中、現状世間を見た時にお店の数が少なくなるのが

今もそして、近い未来2,3ヶ月には目に見て予想できます。

職を失う人も多くなります。

ほぼ終息したら人々は外出したり

少し贅沢をしたくなります。

人が再び動き出します。

 

その時のチャンスに向けて

どう準備を整えておくか?

 

私はその一点に決断を絞り込みました。

『攻めこそ最大の防御』

 

そこで最初の行動として

資金調達。。。

コロナの影響で休業し固定費を何ヶ月か支払う為の資金

新店舗を作る為の資金

これを調達が完了しました。

 

なので、今準備に取り掛かっているのですが

楽しみです( ^ω^ )

 

『ピンチはチャンス』


RamenSchool【みらトビ】By MENYA JIRO
https://school.menyajiro.com

No tags for this post.